Excel/Word 2007からPDFへ保存

 

Microsoft Office のWord 2007 で作成した文書資料を相手に渡そうと思う時、
相手が Word 2007 を持っていない場合どうします?

Word じゃなくても Excel でも同じですけど、文書を作成した本人は当然 Word や Excel のソフトを持っているわけです。 
しかし、相手が Word や Excel のソフトを持っているとは限りません。

せっかく作成したWord 文書を相手に渡しても、相手が Word 2007を持っていなければ文書を見ることはできません。(Word 2003などバージョンの違うソフトでは見えるかもしれませんけど)

この様な時、誰でも使えるソフトで、かつ文書用形式ファイルを見ることが出来たらとても便利ですね。

この文書用形式ファイルとして PDF形式ファイル があります。
またこのPDFを読めて(見る)誰でも使用できるソフトとして Adobe Reader があります。

PDF (Portable Document Format :ポータブル・ドキュメント・フォーマット)とは、 アドビシステム社 が開発した文書用のファイルフォーマットです。   このPDFファイルは、アドビシステムズ社が無償提供している Adobe Reader を使用することによりパソコン環境に依存されずに見ることができます。






Excel / Word 2007から PDF ファイルに保存することができます。
保存された PDF ファイルは、 Adobe Reader により見ることができます。

Excel / Word 2007からPDFファイルに保存する機能を利用するためには、予め Microsoft Office Online のダウンロードセンターからプラグインをダウンロードおよびインストールしておく必要があります。

 <プラグイン>
  『2007 Microsoft Officeプログラム用のMicrosoft PDF/XPS保存アドイン』

■Word 2007へPDFプラグインのインストール前
PDFプラグイン・インストール前












プラグインのダウンロードは、Word 2007の『ファイル』→『名前を付けて保存』を選択し、『他のファイル形式用のアドインを探す』をクリックするダイアログが表示されます。
そのダイアログに従いマイクロソフト社のダウンロードセンターからプラグインをダウンロード・インストールすることができます。

■Word 2007へPDFプラグインのインストール後
PDFプラグイン・インストール後













上記プラグインをダウンロードし、インストールすれば準備完了!
Excel でも Word でも使用できる。

使い方は、簡単で Exce l /Word 文書の保存時に『ファイル』→『名前を付けて保存』→『PDFまたはXPS』を選択すればOKです。

 

Copyright (C) ネットでパソコン教室 All Rights Reserved.