ハードには何が?


このページでは、パソコンのハードウェアについて説明します。

パソコン(コンピュータ)の構成

パソコンのハードウエアを構成する装置は、次のとおり分類されます。

@ 入力装置
   外部からパソコンへデータ(情報)を渡すための装置です。
   代表的な装置には、キーボード、マウス、スキャナーがあります。

A 出力装置
   パソコンで処理されたデータ(情報)を外部へ渡す装置です。
   代表的な装置には、ディスプレイ、プリンターがあります。

B 中央処理装置(演算装置と制御装置)
   データの処理(演算)、各装置の制御を行う装置です。
   この装置はCPUのことです。

C 記憶装置

  記憶装置は、主記憶装置と補助記憶装置に分類されます。

  ・主記憶装置
   主記憶装置は、通称メモリのことで、中央処理装置がデータやプログラムを
   処理するため一時的に記憶しておく装置です。

  ・補助記憶装置
   中央処理装置により処理されたデータなどを外部媒体に記録しておく装置です。
   補助記憶装置には、ハードディスク装置(ドライブ)、CD/DVD装置などがあります。

ハードウエアのよく使用される装置を以下に説明します。

パソコンのハードには何があるの?

写真は、ノートパソコンです。 よく使われるハードウェアについて説明します。

■ノートパソコンのハード
ノートパソコンのハード

■デスクトップパソコンのハード
デスクトップパソコンのハード

電源ボタン

■電源ボタン
電源ボタンパソコンの電源ボタンです。
このボタンを押すと電源が投入され、ソフトの準備がなされてパソコン自体が使用可能状態になります。
使用可能状態になるまで数分の時間がかかります。
電源ボタンの位置は、一般的にノートパソコンの場合は、キーボードの上もしくは左右の側面、デスクトップパソコンの場合は、本体正面にあります。
<注意>
パソコンの電源切断について注意!
パソコン使用後、通常の電源切断は、 この 『電源ボタン』 ではありません。
この電源ボタンで電源切断する場合は、パソコンに異常が発生した場合に使用しまう。

電源投入および電源切断は、パソコン操作のページで説明します。

ディスプレイ

ディスプレイは、パソコンで処理された画像や文字などを表示する出力装置で、モニタとも呼ばれています。

■液晶ディスプレイとブラウン管(CRT)ディスプレイ
液晶ディスプレイとブラウン管(CRT)ディスプレイパソコンで使用されるディスプレイを大別すると、液晶ディスプレイとブラウン管(CRT)ディスプレイの二種類があります。
液晶ディスプレイ(写真左)は薄く、ブラウン管ディスプレイは奥行きがあり大きいです。
現在は、液晶ディスプレイが主流です。

キーボード

パソコンに文字を入力するための入力装置です。
入力した文字は、ディスプレイに表示され確認することができます。

手紙を書く場合の、ボールペンや万年筆に対応します。


マウス

パソコンに対して仕事の指示をする入力装置です。
パソコンは、誰かさんみたいに怠け者で、 仕事の指示をしないと何もしません。

でも指示を出すと素晴らしい能力を発揮します。
例えば手紙を書く場合に 『今から手紙を書くぞ!』、『手紙を書くのを止めた!』 などの指示をします。 すなわち自分の 『やりた事』 をパソコンに伝えるための道具です。

■コードレスマウス(左) と コード有りマウス
コードレスマウスマウスには、コード(ワイヤ)が有るタイプとコード(ワイヤ)が無いタイプがあり、後者をコードレス(ワイヤレス)マウスと呼ばれています。
このコード有無に関わらずパソコンとの接続には、一般的にUSB接続(次頁説明)が使用されています。


タッチパッド

マウスと同じ機能の入力装置です。
ノートパソコンのキーボード下にあり、マウスと同じに左右のボタンがついています。

■タッチパッドとマウス
タッチパッドマウス


 


<相互リンク>

Copyright (C) ネットでパソコン教室 All Rights Reserved.