ハード/ソフトとは

ハードとソフトの概略を説明します。

ソフトとは

ソフトとは、ソフトウェア(Software)の略称で、コンピュータを動作させるためのプログラムです。

■ソフトウェア
ソフトウェアこのプログラムは、コンピュータの中にあるハードディスクと呼ばれる記憶装置に格納されており、普通では見ることはできません。
パソコンで使用するソフトウェアは、購入時にCDやDVDなどに入っています。


ハードとは

ハードとは、ハードウェア(Hardware)の略称で、 コンピュータの物理的な実体です。

■ハードウェア
ハードウェア具体的には、パソコン本体、キーボード、ディスプレイなどを含めたパソコンの金物部分です。
すなわちハードは、金属の塊です。

ハードとソフトの関係

パソコンのハード(金属の塊)だけであればメールを出したり、インターネットでホームページを見たりすることはできません。
   
ソフト(プログラム)は、 パソコンのハードを動作させメールを出したり、ホームページを見る等の役目を持っています。しかしその役目を果たすためのハードが無ければ役にたちません。

      。。。。少し難しいですね。   説明も難しい!! ...........(^^ゞ
      
車を例に説明します。

ハード(車)カッコイイ車があります。
ご覧の貴方は、ある場所に行きたいけど。。。。
運転できる人がいません! それにガソリンもありません!

このカッコイイ車の利用価値はゼロです。 言い換えると、鉄くず同然です。

ソフト(ガソリン)ガソリンが見つかりました!
ガソリンで車のエンジンは掛かります。 これでカッコイイ車の利用価値は50%です。
モトイ! まだ運転できる人がおらず、移動できないので、この車の利用価値は0%です。

ソフト(運転手)ここに運転手君が登場です。 

運転できる人がいます。 またガソリンもあります。

ガソリンでカッコイイ車のエンジンが掛かります。
運転手君が車を運転できます。

ご覧の貴方は、これでようやくある場所へ移動できます。車の利用価値は、100%です。


・『カッコイイ車』 は、 『ハードウェア』 に対応します。 すなわちパソコン自体です。

・『ガソリン』 は、 『ソフトウェア』 に対応します。 すなわちWindowsに対応します。

・『運転手君』 は、種類の違う 『ソフトウェア』 に対応します。
 すなわちメールに関するソフトや、ホームページを見るソフトなどに対応します。

パソコンのソフト/ハードは、 この車/ガソリン/運転手と同じ様に各々が大切な役目を持ち、密接な関係で結ばれています。
どれか一つでも欠けると目的を果たすことができなくなります。

ちなみに 『目的地:ある場所』 とは、ご覧の貴方自身が 『パソコンでしたい事』 になります。
              

 


<相互リンク>
夜行高速バス  男の悩み包茎 

Copyright (C) ネットでパソコン教室 All Rights Reserved.